Microsoft、Windows 10のChromeユーザー向けにあらたなポップアップ広告を導入

Windows 10 0

MicrosoftがWindows 10でChromeを使用しているユーザー向けに、新たなポップアップ広告を導入していることが発見されました(NeowinSoftpediaslashdot)。

今回新しく発見された広告は、GoogleのChromeブラウザーを対象としたもの。Chromeのアイコンがタスクバーに存在する場合に表示される可能性があるようです。

1484773368 myce chrome microsoft psa windows 10 dfghstfy

広告はMicrosoftの「Personal Shopping Assistant」(現在ベータ版)と呼ばれるChrome拡張のインストールを提案し、拡張をインストールすると、Chromeを使用して商品を検索する際、製品を比較して最適な価格のものが見つけられるようになります。実際に拡張を利用して製品を購入した場合、その収益の一部がMicrosoftに入るという仕組みです。

Thurrott.comのBrad Sams氏はMicrosoftから以下のようなコメントを入手した模様です。

We are always testing new features and information that can help people enhance their Windows 10 experience

私たちは常にWindows 10体験を強化するのに役立つ、新しい機能と情報をテストしています。

Softpediaによると、実際にはこれは"広告"ではなく、"tipsの通知"ということらしく、Windowsの設定 > 個人設定 > スタート画面で、「ときどきスタート画面におすすめを表示する」をオフにすることで無効にすることができるようです。

Windows 10 x64

実害は少なそうですが、気になる方は「オフ」にしておいたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク