Microsoft、Windows 10のコントロールパネルを廃止へ

S 20200708 115914

Microsoftは、Windows 8で「PC設定画面」と呼ばれるWindowsの新たな設定機能を追加しました。PC設定画面は基本的な設定機能だけを提供するものですが、Windows 10では「設定」画面が新たに追加され、徐々にコントロールパネルの機能の置き換えが進んでいます。

実質、先日公開されたWindows 10のプレビュー版では、最終的にコントロールパネルを完全に廃止するために必要となる設定画面の改良が進められていることが明らかになっています(Windows Latest)。

Windows 10 Build 20161では、新しいスタートメニューの導入やタスクバーの改良などUIまわりの変更が注目を集めていますが、コントロールパネルの「システム」内に表示されていた情報が、設定画面の「バージョン情報」に表示されるようになっています。それだけでなく、これまでコントロールパネルを参照していたリンクは、設定画面を表示するようにリダイレクトされるようになっているのです。

現状では、コントロールパネルの全ての機能が設定で置き換え可能になっているわけではなく、コントロールパネルの廃止に向けては設定画面のさらなる改良が必要です。

There will be more improvements coming that will further bring Settings closer to Control Panel. If you rely on settings that only exist in Control Panel today, please file feedback and let us know what those settings are.

Microsoftは設定をコントロールパネルに近づけるために、さらなる改良が行われる予定だと説明し、もしコントロールパネルにだけあって設定に存在しない機能があればフィードバックしてほしいと要請しています。

スポンサーリンク