Windows 10 Creators UpdateではフライングOK、更新アシスタントを利用して4月5日からインストール可能に

Windows 10 new hero 800x553

Microsoftは先日、4月11日からWindows 10 Creators Updateの配信を開始することを正式に発表しました。

Windows Updateを利用した配信は順次行われるため、即日アップグレード可能になるPCは少ないと予想されるなか、MicrosoftのJohn Cable氏はブログで情報を追加し、4月5日からWindows 10 更新アシスタントを利用した手動アップグレードが可能となることを明かにしています(Blogging Windows)。

通常の更新機能を利用したWindows 10 Creators Updateの配信は、最新デバイスを利用したOEM向けから始まり、フィードバックをうけつつ徐々に範囲が拡大され、完全に配信が終了するまで数ヶ月かかると見込まれています。

対してWindows 10 更新アシスタントを利用すれば、正式公開より数日前にWindows 10 Creators Updateの正式版が利用できることになります。

少しでもはやく更新を受け取りたいパワーユーザーはカレンダーにイベント登録しておくと便利かもしれません。

スポンサーリンク