Windows 10 Creators Updateのスタートメニューにはアプリフォルダが追加される?

Windows 10 start

先日インターネット上に流出したWindows 10 build 14997のスタートメニューに、アプリフォルダ機能が追加されていることがわかりました(NeowinMSPoweruser)。

build 14997は正式公開されたバージョンではなく、Microsoftからも当然ながらアナウンスはありませんが、スタートメニューのタイル表示部分で、複数のアプリをまとめることができる、いわゆる「フォルダ」機能が利用可能になっている模様です。

フォルダには通常のアプリだけではなく、ライブタイルも格納可能で、フォルダ内で内容を表示することもできるようです。またフォルダ自体のサイズを変更することも可能とのこと。

フォルダ機能が正式に導入されることが決定すれば、来年3月に一般公開が予定されるWindows 10 Creators Updateでお披露目ということになりそうです。またInsider Programに参加しているベータテスターに対しては、来年1月の公開が予想されています。

スポンサーリンク