Microsoft、Windows 10 Version 1803向けの累積アップデートKB4100403を公開 - 東芝やインテル製SSDの問題を修正

Windows 10 logo

Microsofthは5月24日(現地時間)、Windows 10 Version 1803(Windows 10 April 2018 Update)向けの累積アップデートKB4100403を公開しました(MSPoweruser)。

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので、新たな機能は追加されていません。Intel 600p/6000pシリーズを搭載したデバイス発生していた、UEFI画面で再起動やクラッシュが繰り返される問題や、東芝のXG4、XG5、BG3シリーズを搭載したデバイスで発生していた、バッテリーを消費する問題など、最近報告されていたSSD関連の不具合が修正されています。

S 20180525 105656

このほか以下のような変更が行われています。

KB4100403 (OS Build 17134.81)

Version 1803用の累積アップデートKB4100403では、Webワーカー間の通信が失敗する可能性のあるInternet Explorerの問題の修正や、タイムゾーン情報の追加の修正、クローズドキャプションの設定がアップグレード後に保持される問題などが修正されています。

  • Addresses an issue in Internet Explorer that might cause communication between web workers to fail in certain asynchronous scenarios with multiple visits to a web page. 
  • Addresses additional issues with updated time zone information. 
  • Addresses an issue where closed-caption settings are preserved after upgrade. 
  • Addresses a reliability issue that may cause Microsoft Edge or other applications to stop responding when you create a new audio endpoint while audio or video playback is starting. 
  • Addresses an issue that may cause Windows Hello enrollment to fail on certain hardware that has dGPUs. 
  • Addresses an issue with power regression on systems with NVMe devices from certain vendors.

更新はWindows Update経由もしくは、Microsoft Update Catalogからファイルを入手してインストールすることができます。

スポンサーリンク