Windows 10の累積アップデートKB4493509、KB4493464、KB4493441などが公開 - 2019年4月の月例更新

S 20190410 93738

Microsoftは本日、毎月第2火曜日(米国時間)に提供している月例更新の一環として、サポート期間中のWindows 10の各バージョンに対する累積アップデートをそれぞれ公開しました。

バージョンごとの累積アップデートは以下の通りです。

一般ユーザー向けの累積的更新プログラムの提供はVersion 1803までとなっており、バージョンごとのサポート期間はWindowsライフサイクルのファクトシートで確認することができます。

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので、新たな機能は追加されていません。それぞれWindows UpdateまたはMicrosoft Update Catalogを利用して導入することが可能で、変更点は以下の通りです。

KB4493509 (OS Build 17763.437)

Version 1809用の累積アップデートKB4493509では、フォント単位のユーザー定義文字(EUDC)を有効にしたときにシステムが停止する問題の修正や、特定のノード操作中に例外が発生するとMSXML6を使用したアプリケーションが反応を停止する問題の修正、Internet Explorer 11などWININET.DLLを使用するアプリケーションで発生した認証に関する問題の修正などが行われています。

  • Addresses an issue that occurs when you enable per font end-user-defined characters (EUDC). The system will stop working and a blue screen will appear at startup. This is not a common setting in non-Asian regions.
  • Addresses an issue that may cause applications that use MSXML6 to stop responding if an exception was thrown during node operations.
  • Addresses an issue that causes the Group Policy editor to stop responding when editing a Group Policy Object (GPO) that contains Group Policy Preferences (GPP) for Internet Explorer 10 Internet settings.
  • Addresses an issue that may cause authentication issues for Internet Explorer 11 and other applications that use WININET.DLL. This occurs when two or more people use the same user account for multiple, concurrent login sessions on the same Windows Server machine, including Remote Desktop Protocol (RDP) and Terminal Server logons.
  • Security updates to Windows Datacenter Networking, Windows Server, the Microsoft JET Database Engine, Windows Kernel, Windows Input and Composition, Microsoft Scripting Engine, Windows App Platform and Frameworks, Windows Storage and Filesystems, Microsoft Graphics Component, Windows Virtualization, Windows MSXML, Windows SQL components, and Microsoft Edge.

更新プログラムには、IEでカスタムURIスキームによって対応するアプリケーションを起動できない問題、WDSサーバーからPreboot Execution Environment(PXE)を使用してデバイスを起動する場合に発生する問題、という2件の既知の不具合が存在します。

それぞれ回避方法も掲載されていますので詳細はKBページでご確認ください。

更新プログラムはMicrosoft Update Catalogからダウンロードすることもできます。

KB4493464 (OS Build 17134.706)

Version 1803用の累積アップデートKB4493464では、VIAベースのコンピューターに対するSpectre Variant 2、Meltdownの保護の提供や、WSLでsshクライアントを開始するときにエージェント転送(ssh -A)を有効にしていると発生する問題の修正、特定のノード操作中に例外が発生するとMSXML6を使用したアプリケーションが反応を停止する問題の修正などが行われています。

  • Provides protections against Spectre Variant 2 (CVE-2017-5715) and Meltdown (CVE-2017-5754) for VIA-based computers. These protections are enabled by default for the Windows Client, but disabled by default for Windows Server. For Windows Client (IT Pro) guidance, follow the instructions in KB4073119. For Windows Server guidance, follow the instructions in KB4072698. Use these guidance documents to enable or disable these mitigations for VIA-based computers.

  • Addresses a stop error that occurs when attempting to start the Secure Shell (SSH) client program from Windows Subsystem for Linux (WSL) with agent forwarding enabled using a command line switch (ssh –A) or a configuration setting. 
  • Addresses an issue that may cause applications that use MSXML6 to stop responding if an exception was thrown during node operations. 
  • Addresses an issue that causes the Group Policy editor to stop responding when editing a Group Policy Object (GPO) that contains Group Policy Preferences (GPP) for Internet Explorer 10 Internet settings.
  • Addresses an issue that occurs when you enable per font end-user-defined characters (EUDC). The system will stop working and a blue screen will appear at startup. This is not a common setting in non-Asian regions.
  • Security updates to Microsoft Scripting Engine, Windows App Platform and Frameworks, Windows Storage and Filesystems, Windows Server, Windows Graphics, Windows Input and Composition, Windows Kernel, Windows Virtualization, Windows MSXML, and the Microsoft JET Database Engine. 

更新プログラムには、IEでカスタムURIスキームによって対応するアプリケーションを起動できない問題、WDSサーバーからPreboot Execution Environment(PXE)を使用してデバイスを起動する場合に発生する可能性のある問題、という2件の既知の不具合が存在します。

それぞれ回避方法も掲載されていますので詳細はKBページでご確認ください。

更新プログラムはMicrosoft Update Catalogからダウンロードすることもできます。

スポンサーリンク