Windows 10の累積アップデートKB4494441、KB4499167、KB4499179などが公開 - 2019年5月の月例更新

S 20190515 83528

Microsoftは本日、毎月第2火曜日(米国時間)に提供している月例更新の一環として、サポート期間中のWindows 10の各バージョンに対する累積アップデートをそれぞれ公開しました。

バージョンごとの累積アップデートは以下の通りです。

一般ユーザー向けの累積的更新プログラムの提供はVersion 1803までとなっており、バージョンごとのサポート期間はWindowsライフサイクルのファクトシートで確認することができます。

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので、新たな機能は追加されていません。それぞれWindows UpdateまたはMicrosoft Update Catalogを利用して導入することが可能で、変更点は以下の通りです。

KB4494441 (OS Build 17763.503)

Version 1809用の累積アップデートKB4494441では、Specter Variant 2(CVE-2017-5715)が有効になっている場合、デフォルトで「Retpoline」を有効にする変更や、64bit Windowsの各バージョンに対する、Microarchitectural Data Samplingと呼ばれる投機的実行サイドチャネル脆弱性に対する保護の提供、MS UIゴシックまたはMS Pゴシックを使用しているときに、テキスト、レイアウト、セルサイズがMicrosoft Excelで予想される幅より狭くなったり広くなったりすることがあるという問題の修正などが行われています。

  • Enables “Retpoline” by default if Spectre Variant 2 (CVE-2017-5715) is enabled. Make sure previous OS protections against the Spectre Variant 2 vulnerability are enabled using the registry settings described in the Windows Client and Windows Server articles. (These registry settings are enabled by default for Windows Client OS editions, but disabled by default for Windows Server OS editions). For more information about “Retpoline”, see Mitigating Spectre variant 2 with Retpoline on Windows.
  • Provides protections against a new subclass of speculative execution side-channel vulnerabilities, known as Microarchitectural Data Sampling, for 64-Bit (x64) versions of Windows (CVE-2019-11091, CVE-2018-12126, CVE-2018-12127, CVE-2018-12130). Use the registry settings as described in the Windows Client and Windows Server articles. (These registry settings are enabled by default for Windows Client OS editions and Windows Server OS editions).
  • Adds "uk.gov" into the HTTP Strict Transport Security Top Level Domains (HSTS TLD) for Internet Explorer and Microsoft Edge.
  • Addresses an issue that may cause “Error 1309” while installing or uninstalling certain types of .msi and .msp files on a virtual drive.
  • Addresses an issue that prevents the Microsoft Visual Studio Simulator from starting.
  • Addresses an issue that may cause zone transfers between primary and secondary DNS servers over the Transmission Control Protocol (TCP) to fail.
  • Addresses an issue that causes Simple Network Management Protocol (SNMP) Management Information Base registration to fail when the Windows Management Instrumentation (WMI) provider uses the Windows tool SMI2SMIR.exe.
  • Addresses an issue that may cause the text, layout, or cell size to become narrower or wider than expected in Microsoft Excel when using the MS UI Gothic or MS PGothic fonts. 
  • Security updates to Microsoft Edge, Internet Explorer, Microsoft Scripting Engine, Windows App Platform and Frameworks, Windows Graphics, Windows Storage and Filesystems, Windows Cryptography, the Microsoft JET Database Engine, Windows Kernel, Windows Virtualization, and Windows Server .

更新プログラムには以下の既知の不具合が存在します。

  • 特定の構成のWDSサーバーからPreboot Execution Environment(PXE)を使用してデバイスを起動する場合に接続が停止する場合がある
  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する
  • Microsoft Edgeまたは他のUWPアプリから印刷しようとすると"Your printer has experienced an unexpected configuration problem. 0x80070007e."というエラーを受け取る場合がある
  • 特定のアジア言語パックがインストールされているデバイスで「0x800f0982 - PSFX_E_MATCHING_COMPONENT _NOT_FOUND」というエラーが表示されることがある。

回避策はKBページでご確認ください。

アップデートはWindows Update経由で自動的にインストールされますが、Microsoft Update Catalogからファイルダウンロードすることもできます。

KB4499167 (OS Build 17134.765)

Version 1803用の累積アップデートKB4499167では、64bit Windowsの各バージョンに対する、Microarchitectural Data Samplingと呼ばれる投機的実行サイドチャネル脆弱性に対する保護の提供や、Microsoft Visual Studio Simulatorが起動しない問題の修正、MS UIゴシックまたはMS Pゴシックを使用しているときに、テキスト、レイアウト、セルサイズがMicrosoft Excelで予想される幅より狭くなったり広くなったりすることがあるという問題の修正などが行われています。

  • Provides protections against a new subclass of speculative execution side-channel vulnerabilities, known as Microarchitectural Data Sampling, for 64-Bit (x64) versions of Windows (CVE-2019-11091, CVE-2018-12126, CVE-2018-12127, CVE-2018-12130). Use the registry settings as described in the Windows Client and Windows Server articles. (These registry settings are enabled by default for Windows Client OS editions, but disabled by default for Windows Server OS editions).
  • Adds "uk.gov" into the HTTP Strict Transport Security Top Level Domains (HSTS TLD) for Internet Explorer and Microsoft Edge.
  • Addresses an issue that may cause “Error 1309” while installing or uninstalling certain types of .msi and .msp files on a virtual drive.
  • Addresses an issue that prevents the Microsoft Visual Studio Simulator from starting.
  • Addresses an issue that may cause zone transfers between primary and secondary DNS servers over the Transmission Control Protocol (TCP) to fail.
  • Addresses an issue that may cause the text, layout, or cell size to become narrower or wider than expected in Microsoft Excel when using the MS UI Gothic or MS PGothic fonts. 
  • Security updates to Microsoft Edge, Internet Explorer, Microsoft Scripting Engine, Windows App Platform and Frameworks, Microsoft Graphics Component, Windows Storage and Filesystems, Windows Cryptography, Windows Datacenter Networking, Windows Wireless Networking, Windows Virtualization, Windows Kernel, Windows Server, and the Microsoft JET Database Engine.

更新プログラムは以下の既知の不具合が存在します。

  • 特定の構成のWDSサーバーからPreboot Execution Environment(PXE)を使用してデバイスを起動する場合に接続が停止する場合がある
  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する

回避策はKBページでご確認ください。

アップデートはWindows Update経由で自動的にインストールされますが、Microsoft Update Catalogからファイルダウンロードすることもできます。

スポンサーリンク