Windows 10がアイトラッキングをサポートへ

Ability team 1024x630

今年の秋に正式公開予定のWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」では、アクセシビリティ機能の充実が約束されています。

ナレーターアプリの強化や、読み書きを補助する機能など、さまざまな機能の追加が計画されていますが、将来のアップデートではさらなる機能の拡大が期待できるのかもしれません。

Microsoftは8月1日、Windows 10でアイトラッキングを利用するための「Eye Controll」と呼ばれる機能を開発中であるとの発表を行いました(Neowin)。

Microsoftの取り組みは2014年、ALS(筋萎縮性側索硬化症)となった元NFLのプレイヤーSteve Gleason氏のメールから始まり、アイトラッキング機能のWindows 10への組み込みへと到達しています。

現段階ではTobiのEye Tracker 4Cのような機器を利用して、Windows 10のマウスやキーボードの操作が可能で、Insider Program参加者に対して、ベータ版の「Eye Control」機能が公開されています。

Eye Controlはまだ初期のテスト段階とされ、タイミングとしては機能がほぼ固まった「Windows 10 Fall Creators Update」での公開は難しいのかもしれませんが、その後の大型アップデートでの正式公開が期待できそうです。

スポンサーリンク