Windows 10 Fall Creators Updateで削除される機能が明らかに

S 20170724 82705

Microsoftが今年の秋に正式公開する予定のWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」。

AR関連機能の追加や、セキュリティ機能の強化などさまざまな新機能が追加される予定となっていますが、反対に削除されてしまう機能も存在するようです。

Microsoftは21日「Features that are removed or deprecated in Windows 10 Fall Creators Update」という文書を公開し、Windows 10 Fall Creators Updateで削除されたり、推奨されなくなったりする機能の一覧を公開しました。

削除される機能:

  • 3D Builder
  • Apndatabase.xml
  • Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET)
  • Outlook Express
  • Reader app
  • Reading List
  • Screen saver functionality in Themes
  • Syskey.exe
  • TCP Offload Engine
  • Tile Data Layer
  • Trusted Platform Module (TPM) Owner Password Management

推奨されない機能:

  • IIS 6 Management Compatibility
  • IIS Digest Authentication
  • Microsoft Paint
  • RSA/AES Encryption for IIS
  • Sync Your Settings
  • Screen saver functionality in Themes
  • System Image Backup (SIB) Solution
  • TLS RC4 Ciphers
  • Trusted Platform Module (TPM): TPM.msc and TPM RemoteManagement
  • Trusted Platform Module (TPM) Remote Management
  • Windows Hello for Business deployment that uses System Center Configuration Manager
  • Windows PowerShell 2.0

「リーダーアプリ」や「リーディングリスト」は同様な機能がMicrosoft Edgeに搭載されるため、またOutlook Expressは機能しないレガシーコードを含んでいるため削除されるようです。それぞれ理由が掲載されていますので、納得できないというかたは公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク