【悲報】Microsoft、誤ってWindows 10へのアップグレードオプションをデフォルトでオンに設定してしまう

NewImage

Microsoftは現在、Windows 7/8ユーザーに対し、Windows 10への1年間の無料アップデートオファーを提供しています。

通常、Window 10へのアップグレードは、Windows Updateの「オプション」内に表示され、チェックボックスも有効になっていないはずですが、何故かチェックボックスがオンになり、強制的にWindows 10のダウンロードされ、インストールプロセスが動いてしまう事象が報告され話題となっています(Ars Technica
WinBetaslashdot)。

問題は全ユーザーではなく一部のユーザーで報告されているもの。インストールプロセスが起動してもキャンセル可能ということですが、間違ってそのままWindows 10にアップグレードしてしまう危険性が指摘されています。

Microsoftの広報担当は、問題を指摘したArs Technicaに対して回答し、チェックが入っていたことを誤りと認めていますが、間違いが修正されるまで、Windows Updateに注目しておいたほうが良いかもしれません。

As part of our effort to bring Windows 10 to existing genuine Windows 7 and Windows 8.1 customers, the Windows 10 upgrade may appear as an optional update in the Windows Update (WU) control panel. This is an intuitive and trusted place people go to find Recommended and Optional updates to Windows. In the recent Windows update, this option was checked as default; this was a mistake and we are removing the check.

「既存の正規Windows 7/8.1ユーザーにWindows 10を提供する取り組みの一環として、Windows 10 upgradeは、Windows Updateのコントロールパネルのオプショナルアップデートに表示されることがあります。この場所はWindowsの推奨およびオプション更新プログラムを探すための直感的で信頼できる場所です。最近のWindows Updateで、このオプションはデフォルトでチェックされていました。これは間違いでチェックを削除しています」

スポンサーリンク