Windows 10ではWindows Updateが強制化へ

S 2015 07 19 12 04 11

Windows 10では、ユーザーがWindows Updateを適用するかどうか、自由に選択することができないのかもしれません。先日リリースされたWindows 10 build 10240のライセンス条項および、最新ビルドのWindows Update設定オプションから判明しました(Ars TechnicaslashdotgHacksITmedia)。

ライセンス条項

Windows 10 build 10240インストール時に表示されるライセンス条項の第6条(上記画面)に以下のような記述があります。

6.更新プログラム。本ソフトウェアでは、システムおよびアプリケーションの更新プログラムが定期的に確認され、自動的にダウンロードおよびインストールされます。お客様は、マイクロソフトまたは正規の提供元からのみ更新プログラムを取得できます。マイクロソフトは、当該更新プログラムをお客様に提供するために、お客様のシステムを更新する必要がある場合があります。お客様は、本ライセンス条項に同意することにより、追加通知なくこのような種類の自動更新プログラムを受け取ることに同意するものとします。

「追加通知なくこのような種類の自動更新プログラムを受け取ることに同意するものとします」とあり、Winodows Updateの自動適用を意図したかのような条文が準備されていることが分かります。

Windows Updateの設定画面

S 2015 07 19 14 05 59

Windows 10 ProのWindows Updateの適用方法を確認したところ、「自動(推奨)」および「再起動の日時を設定するように通知する」から選ぶことができるだけで、「更新プログラムをインストールしない」という選択肢が存在しないことが分かります。

正式版でもこうなるかどうかは不明

ただし、Windows 10 build 10240はあくまでもプレビュー版であり、正式版Winodws 10で、Windows Updateが強制化されるかどうか、現時点では不明確です。Windows 7やWindows 8でもWindows Updateを自動適用している方は多そうなので、大勢に影響はなさそうですが、はたしてどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク