【超朗報】Microsoft、Windows Insider Program参加者にWindows 10を無料提供へ

Windows 10 0

MicrosoftのGabe Aul氏は19日(現地時間)、公式ブログBlogging Windowsに、「Upcoming changes to Windows 10 Insider Preview builds」という記事を投稿し、Windows Insider Previewの将来的な規約の変更を説明しました(The VergeWinBetaITmedia)。

この記事の中で最も興味深い点は、Windows Insider Preview参加者はWindows 7/8のライセンス無しでも、Windows 10の正規ライセンスが入手可能になるともとれる以下の部分です。

As long as you are running an Insider Preview build and connected with the MSA you used to register, you will receive the Windows 10 final release build. Once you have successfully installed this build, you will also be able to clean install on that PC from final media if you want to start over fresh.

「(Windows Insider Programに)登録するのに使ったMSAで接続したInsider Preview buildを動かしているならば、Windows 10のファイナルリリースビルドを受け取ることができる。一度このビルドのインストールに成功すれば、フレッシュな状態から開始したい場合、最終版のメディアからPCにクリーンインストールすることもできる」

すなわち、現在無料で公開されているWindows 10のプレビュー版を、Windows Insider Program参加登録に使ったMAS(=Microsoft Account)接続状態で使っていれば、正規Windows 10のライセンスが無料で入手可能になる(しかもクリーンインストールできる)のです。

なお、Windows 10の次回ビルド以降、アップデートするためにMAS接続が必要になるとの説明もありますので、プレビュー版を使用している方は、どちらにせよMASを接続しておいた方が良さそうです。

まだ不明瞭な詳細

今回のMicrosoftの発表は、一見分かりやすいようですが、まだ不明な点もあると思います。例えば仮想マシンでWindows 10プレビューをインストールしておき正規Windows 10ライセンスを取得した後、メインPCに移植できるかといった点です。

Gabriel Aulの返答を見る限り、実際にメインPCにWindows 10プレビュービルドをインストールしておく必要があるようにとれます。

ライセンスの移植ダメだった場合に備え、安全策を取るならばWindows 10の要件を満たすWindows XP/Vistaマシンに、あらかじめWindows 10プレビュー版をインストールしておくほうが良いのかもしれません。

スポンサーリンク