Microsoft、「Windows Hello」で、新ログインシステム「Windows Hello」を導入!パスワード絶滅へ?

NewImage

Microsoftは本日、Windows 10で生体認証を利用した新しいログインシステム「Windows Hello」を導入することを発表しました(Windows BlogArs TechnicaWinBetaTechCrunch日本版)。

Windows Helloは、ユーザーの指紋、眼球の虹彩、顔を使ってWindows 10デバイスへログインするための仕組みで、単にパスワードを入力する手間が省略できるだけでなく、よりセキュアな認証機能とされています。Windows Helloを使えば、ローカルデバイスまたはネットワーク・サーバー上に保存されているパスワードなしに、アプリケーショの認証や、エンタープライズ·コンテンツ、オンラインサービスの利用が可能になるためです。

Windows Helloの指紋認証は既存の指紋スキャナで利用可能となるほか、虹彩、顔認証は「Intel® RealSense™ 3D Camera (F200) 」を採用したOEMシステムで使えるよう予定されています。

また、もう一つコードネーム「Passport」と呼ばれる認証サービスの発表がありました。Passportは、PINまたはWindows Helloで認証済みのデバイスならばパスワードの送信なしでさまざまななWebサイトやサービスを利用可能となる仕組みです。

パスワードの流出が大問題となっているなか、Windows HelloとPassportの組合せが救世主となるのか注目です。

スポンサーリンク