Microsoft、Windows 10 Insider Preview Build 14946をリリース - 高精度タッチパッドのジェスチャー機能がさらに改良

S 20161014 110050

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 build 14946」のPC版およびモバイル版の配信を開始しました(WindowsExperienceBlogMSPoweruser)。

Windows Insider Programに参加し、更新設定を”Fast”に設定しているユーザーは、既存のWindows 10環境からWindows Updateを利用して最新ビルドに更新することができます(PC版の場合「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」より)。

build 14946は来年公開が予定されているWindows 10の次期大型アップデート「Redstone 2」に向けたビルドで、今回のビルドで以下のような新機能が追加されています。

高精度タッチパッドのカスタマイズ機能: タッチパッド設定画面に、3本指または4本指を利用した高度なジェスチャーを設定するための「Advanced gesture configuration」画面が追加されていますTouchpad 2 advanced

Wi-Fi設定画面の更新: 「設定 > ネットワークとインターネット > Wi-F」i画面に自動的にWi-Fi設定を復活させることができる「Turn Wi-Fi back on」設定が追加されています。

Wi fi turn back on

そのほかテキスト予測入力が可能な言語の拡大や、Hyper-VやBashといった追加コンポーネントがアップデート後もインストールされたままになる変更、EdgeやXblox Live、その他さまざまな機能に関する不具合の修正が行われています。

Windows Experience BlogにはKnown issuesとして既知の不具合もリストアップされています。インストール前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク