Windows 10 Insider Preview build 16215がリリース - Webサイトのピン止めが可能となるなど大量の新機能が追加

S 20170610 92820

Microsoftは8日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview build 16215」のPC版をリリースしました(Blogging WindowsSoftpedia窓の杜)。同時にWindows 10 Mobile Insider Preview Build 15222も公開されています。

Windows Insider Programに参加し、更新設定を”Fast”に設定しているユーザーは、既存のWindows 10環境からWindows Updateを利用して最新ビルドに更新することができます(PC版の場合「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」より更新できます)

build 16215は今年の秋にリリース予定のWindows 10 Fall Creators Updateに向けた開発版ビルドです。今回は更新間隔が3週間ほど開いたこともあり、大量の新機能が追加されています。

build 16215 for PCの主な新機能は以下の通り:

スタート&アクションセンターにFluent Designの導入: Fluent Design Systemに従った新たなエレメントが導入され、スタートやアクションセンターの外観が変更された。

Actioncenter

Microsoft Edgeの改良: タスクバーにWebサイトのピン止めが可能となった。フルスクリーンモードの改良や、EPUB電子書籍のアノテーション機能の追加、PDF表示機能の改善も行われている。

Edge

Cortanaの改良: Cortanaリマインダーの改良や、Cortanaカメラ連携機能、リマインダーを登録する新たなCortana Lassoの導入。

シェルの改善: 共有機能、Copyリンク機能、My People、Night lightなどの改良。

設定の改良: 新たなビデオ再生オプションの追加や、HDR/詳細カラー設定ページの追加。

またこれまで使用する場合開発者モードが必要だった「Windows Subsystem for Linux」が、開発者モードでなくても使用可能となっています。

公式ブログには、修正の詳細な内容のほか、既知の不具合もリストアップされています。インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク