Windows 10 Insider Preview build 16237がリリース - Edge、シェル、タスクマネージャーなど大量の改善

S 20170708 93433

Microsoftは7日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview build 16237」をリリースしました(Blogging WindowsMSPoweruserNeowin)。

Windows Insider Programに参加し、更新設定を”Fast”に設定しているユーザーは、既存のWindows 10環境からWindows Updateを利用して最新ビルドに更新することができます(PC版の場合「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」より更新できます)

build 16237は今年の秋にリリース予定のWindows 10 Fall Creators Updateに向けた開発版ビルドです。今回のビルドは、来週開催される2回目のBug Bash(バグとり期間)を控え、大量の新機能が追加されています。

build 16237 for PCの主な新機能は以下の通り:

Microsoft Edgeの改良: WebサイトやPDFの読み上げ機能の追加や、共有、お気に入り関連機能の修正などフィードバックによって指摘された問題の改善。

Windows Shellの改善: ぼやけたデスクトップアプリを修正するのにログアウトする必要がなくなったほか、 通知やアクションセンター、My Peopleが改善された。

59f1fd2d341535e0fec142a3f1879f13 1024x892

入力の改良: 新絵文字パネルのemoji 5.0への対応や、タッチキーボードの改良、手書きパネルの改良など。

PCゲームの改善: ゲームバーのゲームモードアイコンの更新。

C6b48049ea758c24581bea4112d8f88a

タスクマネージャーの改善: build 16226で追加されたGPUのサポートが少し変更されている。タスクマネージャーのGPUパフォーマンスの表示のレイアウトが変更となり、DirectXのバージョンやGPUの物理的な場所などの詳細が表示されるようになった。ハードウェアGPUだけが表示されるようになり、ソフトウェアオンリーの基本ディスプレイアダプタは表示されないようになった。さらなる改善が加えられる予定。

4d92a81a493082848d18bb4c76d6b9de 874x1024

Hyper-Vの改善: 新しい仮装マシンギャラリーが追加された。

10f1e595833116785fc73e43ab829e49

公式ブログには、修正の詳細な内容のほか、既知の不具合もリストアップされています。インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク