Windows 10 Insider Preview build 17040がリリース - 設定アプリの改善が続く

Windows 10 logo

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview build 1704」をリリースしました(Windows BlogMSPoweruser)。

公開されたプレビュー版は、Windows 10の次の大型アップデート「Redstone 4」の開発版ビルドです。前回のビルド同様に今回のビルドも、Windows Insiders Programのオプションで、"Skip Ahead"を選択した/しないにかかわらず、全Fastリングユーザーに対して公開されています。

Build 17040の新機能は以下の通り。

設定の改善: HDRディスプレイのSDRコンテンツの輝度調節。デスクトップがHDRモードで動作している際、SDRコンテンツの輝度調節が可能となった。簡単アクセス設定に、カーソル、ポインター、タッチフィードバックセクションが追加。

7bc0b8a817c8a700f00dc3ecfa4cebb0

タッチキーボードの改善: 片手キーボード用のシェイプライティング入力の導入。

手書き入力パネルの改良: 挿入ジェスチャーの改良やコミットゼスチャーの追加。中国語用手書き入力ボタンレイアウトの改善。

その他、多数の不具合の修正も行われています。公式ブログには既知の問題「Known issues」も掲載されていますので、アップデート前に確認しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク