Windows 10 Insider Preview build 17063がリリース - 待望の「タイムライン」など大量の機能が追加!

S 20171220 83843

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview build 17063」をリリースしました(Windows BlogMSPoweruser)。

公開されたプレビュー版は、Windows 10の次の大型アップデート「Redstone 4」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programのオプションで、"Skip Ahead"を選択した/しないにかかわらず、全Fastリングユーザーに対して公開されています。

前回の公開から期間が空いたことから、今回のビルドでは「タイムライン」を初めとした大量の新機能が追加されています。

Build 17063の新機能は以下の通り:

タイムラインの導入: 過去の活動を振り返ることができる新たな方法。タスクビューを拡張して現在実行しているアプリから過去のアクティビティに簡単に戻ることができる。タイムラインのデフォルトビューには現在の最も関連性の高いアクティビティが表示され、スクロールバーを利用して簡単に過去のアクティビティに戻ることが可能。

F7fe8fcba69fc3c1aa2f0e2f29e176b9 1024x683

アクティビティは特定のアプリとコンテンツの組み合わせで表現され、過去の作業を再開するのに役立てることができる。設定ページでタイムラインに表示するアカウントを制御可能。

Microsoft Edgeの改良: ダークテーマのサポートや、ブーックマークボタンの改良、オフラインWebサイトやプッシュ通知のサポート、ジェスチャーの改善など。

56184afd31f62b2f75ff96d14b34b0b9 1024x968

Cortanaの改良: Cortanaノートブックの改善や、Cortanaコレクションのリストへのマージ、音楽関連の改良など。

Windows Shellの改良: スタートとアクションセンターのFluentデザインの採用。通知の改良や、中国語と日本語のアプリのグループ化の改良、アップデート体験の改善など。

My Peopleの改良: ドラッグ&ドロップによる並び替え機能の追加や、表示数の変更機能の追加、 アニメーションの追加など。

設定の改良: 設定画面のデザインの改善や、ローカルアカウントのセキュリティ質問機能の追加、ディスプレイ設定の表示の改善、スケーリング機能の改良など。

F3244b41be3d7161009a57fbfc13beea 1024x661

Windows Defenderの改良: Windows Defender Application Guard (WDAG)の更新や、コンテキストメニューからのクリックアクセス機能の追加。

Windows Subsystem for Linux (WSL): WSLのバックグランドタスクへの変更や、昇格・非昇格WSLインスタンスの同時実行機能、リモートアクセスへの対応、LinuxパスをWindowsフレンドリーパスへ変更するツール「Wslpath」の追加など。

開発者向けの新しいツール: bsdtarとcurlの追加、Unixスタイルソケットのサポートなど。

その他入力、企業ユーザー向けの改良など大量の新機能が追加されています。公式ブログには既知の問題「Known issues」も掲載されていますので、アップデート前に確認しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク