Windows 10 Insider Preview build 17650がリリース - SkipAhead向けFluent Designの導入が進む

Windows 10 logo

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview build 17650」をリリースしました(Windows BlogNeowin)。

公開されたプレビュー版は、近日中の公開が予想されるWindows 10の大型アップデート「Redstone 4」の次の大型アップデート「Redstone 5」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programのオプションで、"Skip Ahead"を選択しているFastリングユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

Build 17650の新機能は以下の通り:

Windows Defender Security CenterのFluent Designによる刷新: Windows Defender Security Center(WDSC)にFluent Designが導入された。メインページのカテゴリのサイズが動的に変更されるようになり、色設定で有効にしている場合はアクセントカラーがタイトルバーに適用されるようになった。

Wdsc

Windows Defender FirewallがWindows Subsystem for Linux(WSL)のプロセスをサポート: 通常のWindowsプロセスと同様にWindows Defender FirewalにWSLプロセス向けのルールを追加できるようになった。またWSLプロセスからの通知もサポート。SSHやnginxのようなLinuxツールに対して外部からアクセスがあるとWindows Defender Firewallがアクセス許可を求めるようになった。

公式ブログには、不具合の修正点や、既知の不具合もリストアップされています。インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク