Windows 10 Insider Preview build 17682がリリース Setsの改良が進む

S 20180601 80026

Microsoftは5月31日(現地時間)、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview build 17682」をリリースしました(Windows BlogMSPoweruser)。

公開されたプレビュー版は、Windows 10の次期大型アップデート「Redstone 5」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programのオプションで、"Skip Ahead"を選択しているいないにかかわらず、Fastリングユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

Build 17682の新機能は以下の通り:

Setsの改良: Setsウィンドウの+ボタンをクリックした際表示される新しいタブページに、頻繁に使用するアプリが表示されるようになった。すべてのアプリリストも統合されたので、検索ではなくブラウズによってアプリを選択できるようになった。「ニュースフィード」を選択している場合、その横の「アプリ」を選択する。

Sets

ワイヤレスプロジェクションエクスペリエンスの管理: ワイヤレスプロジェクションのセッション中、リモートデスクトップと同様に画面上部にコントロールバナーが表示されるようになった。接続の解除や再接続、ゲームモード、動画モード、プロダクティビティモードの3種類のモードから選択できる接続の調整が可能。

Projection

Microsoft Edgeの開発者向け改良: Web Authentication API(WebAuthN)のunprefixedサポートが追加された。

RSATがオンデマンドに: アップグレードのたびにRSAT(Remote Server Administration Tools=リモートサーバー管理ツール)を手動でダウンロードする必要がなくなった。「設定 > オプション機能の管理 > 機能の追加」で必要なコンポーネントを選んでおくと、音声リソースやOpenSSHなど他のオンデマンド機能と同様にコンポーネントが自動的にアップグレードされる。

Rsat

その他アップグレード後のセットアップ画面の表示に関する変更も行われています。

公式ブログには、不具合の修正点や、既知の不具合もリストアップされています。インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク