Windows 10 Insider Preview Build 17711がリリース - レジストリエディタの補完機能が強化

S 20180707 93548

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 17711」をリリースしました(Windows BlogMSPoweruser)。

公開されたプレビュー版は、Windows 10の次期大型アップデート「Redstone 5」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programのオプションで、"Skip Ahead"を選択しているいないにかかわらず、Fastリングユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

Build 17711の新機能

Microsoft Edgeの改良: リーディングビューで利用できる学習ツールで追加のテーマが選択可能になった。行強調機能の追加、自動入力データを保存できる同意ボックスの追加、PDFツールバーの改良など。

Learning tools

Fluent Designの更新: Build 17692でacrylicメニューが追加されたのに続き、Fluent Designの要素であるシャドーが追加された。Build 17711は多くのモダンなポップアップタイプのコントロールの周辺にシャドーが追加され視覚的階層を提供する。

Shadow

ディスプレイの改良: Windows HDカラーページがディスプレイ設定で利用可能になった。Windows HD Color対応デバイスは、写真、ビデオ、ゲーム、アプリなどでハイダイナミックレンジ(HDR)コンテンツを表示できる。

レジストリエディタの改良: レジストリエディタのパスを入力する際、ドロップダウンボックスが表示されるようになった。Ctrl + Backspaceで単語を削除することもできる。

Regedit

公式ブログには、不具合の修正点や、既知の不具合もリストアップされています。インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク