Windows 10 Insider Preview Build 18262がリリース - Fastリング向け、プレインストールアプリのアンインストールが可能に

Windows 10 logo

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 18262 (19H1)」をリリースしました(Windows Blog)。

公開されたプレビュー版は来年春に公開される予定のWindows 10の大型アップデート「19H1」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programの更新オプションでFastリングまたはSkip Aheadを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます(Windows 10 October 2018 Updateの修正版はSlow/Release Previewリングユーザーに対して配信されています)。

Build 18262の新機能は以下の通りです。

タスクマネージャーでDPI認識情報を表示: アプリが高DPIに対応しているかどうかが確認できる「DPI awareness」がタスクマネージャーに表示できるようになった。カラムヘッダで“DPI Awareness”をリストに追加可能。DPI Awarenessに関してはこちらを参照のこと。

Task manager

追加のプレインストールアプリのアンインストール機能: スタートメニューのアプリリストのコンテキストメニューから以下のWindows 10組み込みアプリがアンインストール可能となった。

  • 3D Viewer (previously called Mixed Reality Viewer)
  • Calculator
  • Calendar
  • Groove Music
  • Mail
  • Movies & TV
  • Paint 3D
  • Snip & Sketch
  • Sticky Notes
  • Voice Recorder

トラブルシューティングの改良: すばやくトラブルを解決するために「設定 > 更新とセキュリティ > Build 18262のトラブルシュート」 から、現在のビルドで推奨されるトラブルシュート設定が見つけられるようになった。送信した診断データを使用して、デバイス上で検出された問題に合った修正を提供し、自動的にPCに適用する。

ナレーターの改良: 次の文、現在の文、前の文を読み上げることができるキーボードショートカットの追加。

公式ブログには、その他の改良点や既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク