Windows 10 Insider Preview Build 18282がリリース - 新しいライトテーマが追加

S 20181115 83848

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 18282 (19H1)」をリリースしました(Windows Blog)。

公開されたプレビュー版は、来年春に公開予定のWindows 10の大型アップデート「19H1」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programの更新オプションでFastリングを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。19H1は開発の初期段階で、安定性を求めるユーザーはSlowリングの選択が推奨されています。

なおWindows Insider Programの各リングごとの最新ビルドはFlight Hubで確認可能です。

Build 18282の新機能は以下の通りです。

Windows Light Theme: タスクバーやスタートメニュー、アクションセンター、タッチキーボードなどすべてのシステムUIを明るく変更する新しいライトテーマが追加された。これに合わせて新しい壁紙も追加。

Windows light

snip機能の改良: スクリーンショットを撮影するsnip機能が改良されて、特定のウィンドウだけを撮影する機能が追加された。WIN + Shift + S、Print Screen、Snip & Sketchなどから利用可能で、現在のところ50%のインサイダーに提供される。

Snip

モダンな印刷体験の改良: 印刷ダイアログがライトテーマをサポートしたほか、印刷の各オプションにアイコンが追加された。また長いプリンタの名前が省略されることなく折り返して表示されるようになった。

Printer

Windows Updateの更新: Windows Updateに一時停止機能が追加された。「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」ページで使用可能で、一時停止中でもWindows Defenderの定義の更新のような一部のアップデートは引き続きインストールされる。

Windows update

デバイスの稼働時間に基づいた自動的なアクティブ時間の設定機能も追加された。

バッテリー駆動時のディスプレイの輝度の変更: 電源に接続している場合とバッテリーで使用している場合とでそれぞれ輝度の設定が記憶できるようになった。これはバッテリーセーバーモードの動作には影響せず、バッテリーが閾値を下回った場合に、ディスプレイを暗くするオプションを有効にした場合は引き続き設定が有効になる。

その他ナレーターの改良や、OneDriveのフライアウトがダークテーマをサポートする修正も行われています。公式ブログにはその他の細かな改良点や既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします

スポンサーリンク