Windows 10 Insider Preview Build 18342がリリース - Fastリング向けWLSファイルがエクスプロラーから操作可能に

Windows 10 logo

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 18334 (19H1)」をリリースしました(Windows Blog)。

公開されたプレビュー版は、今年の春に公開予定のWindows 10の大型アップデート「19H1」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programの更新オプションでFastリングを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

ただし、Intel64 Family 6 Model 142とIntel64 Family 6 Model 158を搭載したPCではConnected Standbyに関連した不具合が発生することがわかったため配信が停止されています。

Windows Insider Programの各リングごとの最新ビルドはFlight Hubで確認可能です。

Build 18342の新機能

ゲーム関連機能の改良: 新しく導入されたWindowsゲーミングテクノロジーの改良。ペアレンタルコントロールが有効でも正しく動作するようになり、インストールプロセスが安定化した。

ファイルエクスプローラ内のLinuxファイル: WindowsからWSLディストリビューション内のLinuxファイルにアクセスする機能を追加した。ファイルはコマンドラインや、ファイルエクスプローラ、VSCodeなどのWindowsアプリケーションもアクセス可能。\\wsl$\<distro_name>から実行中のLinuxディストリビューションのファイルにアクセスできる。詳しくはこちら(あるいは以前の記事)。

Wsl

インサイダー向けのその他の更新: タイムライン向けのChrome拡張。Chrome Web Storeからダウンロードしてインストールすると、Chromeのアクティビティがタイムラインに表示できる。

公式ブログには既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク