Windows 10 Insider Preview Build 18965 (20H1) が公開 - 再起動時のアプリ制御機能が改良

Windows 10 logo

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 18965 (20H1)」をリリースしました(Windows BlogNeowin)。

公開されたプレビュー版は、来年の春に公開予定のWindows 10の大型アップデート「20H1」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programの更新オプションでFastリングを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

開発の初期段階では不具合が発生する可能性が高いため、安定性を求めるユーザーに対してはSlow/Release Previewリングの選択が推奨されています。Windows Insider Programのリングごとのビルドの提供状況はFlight Hubで確認可能です。

Build 18965の新機能

Build 18965の新機能は以下の通りです。

サインイン時にアプリを再起動する制御: アプリの再起動設定を制御できるようになった。オンにすると、Windowsのサインアウト、再起動、またはシャットダウン時に、再起動可能なアプリが自動的に保存され、次回のサインイン時に再起動する。「設定 > アカウント > オプション」から設定可能。

Settings

その他、Feedback Hubのアップデートも行われ、検索画面の更新や、類似フィードバックの投稿機能の追加、Windows Insiders Achievements(実績)の画面の刷新などが行われています。

Archivements

公式ブログにはその他の修正点や既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク