Windows 10 Insider Preview Build 20206が公開 - Devチャンネル向けに新しい絵文字ピッカーの導入

S 20200903 100320

Microsoftは本日、Windows 10のプレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 20206」をリリースしました(Windows Blog)。

公開されたプレビュー版は、Windows 10の開発ブランチから直接公開されるもので、将来の機能アップデートで追加される可能性のある、さまざまな新機能が先行して実装されています。Windows Insider Programの更新オプションでDevチャンネルを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

なお、Devチャンネルは新機能が先行して追加されるかわりに不安定になりやすく、安定性を求めるユーザーに対してはBeta/Release Previewチャンネルの選択が推奨されています。Windows Insider Programのチャンネルごとのビルドの提供状況はFlight Hubで確認可能です。

Build 20206の新機能

Build 20206では入力に関連したいくつかの新機能が追加されています。

絵文字ピッカーの刷新: 絵文字ピッカーが刷新された。アクリル背景を含むFluent Designの導入や、検索機能、アニメGIFのサポートが追加された。Win+.Win+;によってアニメGIFを入力したり、クリップボードカテゴリーからクリップボード履歴を利用することも可能。

Screenshot 2020 09 01 172040

ボイスタイピングの導入: Windowsディクテーションの改良版のWindowsボイスタイピングの導入。デザインの刷新や疑問符やピリオドを気にせずに、楽に考えたことを書き込める自動句読点機能、バックエンドの刷新が行われている。Win+Hで呼び出すことが可能。

VoiceTypingKeyboard 1024x427

タッチキーボードデザインの改良: タイピングの快適性や正確性を向上させる細かな修正が行われた。新しいキープレスアニメーションや音、子キーの最適化、キーボードの移動方法の改良、設定の改良、などさまざまま変更が含まれる。

2020 09 01 6

スペースバーを使用したカーソルの移動: タッチキーボードのスペースバーに指を置いてスライドさせるだけでカーソルを移動させることができるようになった。

Single Portrait Docked 1 1024x423

公式ブログには細かな不具合の修正や、既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク