Microsoft、Windows 10の全バージョンに対しIntelマイクロコードアップデートを提供

S 20200903 110904

Microsoftは9月2日(現地時間)、サポート期間中のWindows 10の全バージョンに対し、新しいIntelマイクロアップデートをリリースしました(BleepingComputer)。

Microarchitectural Data Sampling(MDS)と呼ばれる4つの脆弱性を緩和するためのもので、通常のソフトウェアの修正ではなくファームウェアの変更を必要とする脆弱性に対処するものとなっています。

Windows 10のバージョンごとの更新プログラムは以下の通りです。

アップデートはWindows Server 2016や2019など対応するWindows Serverのバージョンにも適用されます。更新プログラムは特定のCPUを搭載したシステムに対してはWindows Update経由で提供されますが、Microsoft Update Catalogから手動でファイルをダウンロードしてインストールすることもできます。

スポンサーリンク