Windows 10 Version 1809用の累積アップデートKB4493509でシステムがスローダウンする不具合が報告

S 20190410 93738

Microsoftが先日公開したWindows 10 Version 1809用の累積アップデートKB4493509で、システムがスローダウンするなどのさまざまな不具合が報告されていることがわかりました(Softpedia)。

KB4493509には元々2件の既知の不具合が存在しましたが、MicrosoftコミュニティフォーラムTenforumsで報告されているはこれらとは関係ない模様。システムが大幅に遅くなったり、フリーズしたり、ハングアップしたりというさまざな現象が報告されています。

あるユーザーは「更新プログラムをインストールした後、数時間後にはマウスはじめマシン全体が固まってしまい、タスクマージャーも固まってしまった。電源を押しっぱなしにしてシャットダウンすることだけが可能で、イベントビューアーにはDCOMエラーがたくさん表示されていた」と説明しています。

また別のユーザーも「同じような現象に遭遇しリセットボタンを押したが、ブート後にログイン画面でフリーズした。セーフモードで起動してアップデートをアンインストールすると通常通りに起動することができた」と説明しています。

回避方法は更新プログラムの削除だけ?

現在Microsoftがこの問題を認識しているかどうかは不明で、唯一の回避策はセーフモードでシステムを起動し、更新プログラムを削除した後、再インストールされないように更新プログラムを隠すことだけのようです(参考: Windows 更新プログラムが Windows 10 に一時的に再インストールされないようにする方法)。

不具合が発生する条件は不明ですが、最近急にパソコンが重くなったという方は要注意の情報だといえそうです。

スポンサーリンク