Windows 10の更新プログラムKB4551762が公開 - SMBv3の脆弱性を修正する緊急パッチ

S 20200313 94745

Microsoftは3月12日(現地時間)、Windows 10 Version 1903/1909用の更新プログラムKB4551762を公開しました。

数日前に公開された、任意のコードが実行されてしまう可能性のあるSMBv3プロトコルの脆弱性「CVE-2020-0796」に対処するための更新プログラムとなっています。

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので新たな機能は追加されていません。Windows Updateによる自動更新あるいは、Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロードすることで、手動でインストールすることができます。

KB4551762 (OS Builds 18362.720 and 18363.720)

Version 1903/1909用の更新プログラムKB4551762では、ファイルとプリンターへの共有アクセスを提供する、Microsoft Server Message Block(SMB) 3.1.1の問題が修正されています。

  • Updates a Microsoft Server Message Block 3.1.1 protocol issue that provides shared access to files and printers.

更新プログラムには以下の既知の不具合が1件存在します。

  • 2020年3月10日の更新プログラムを適用しWindows Serverコンテナーを使用すると、32ビットアプリケーションとプロセスで問題が発生する場合がある(ガイダンス)

Windows Updateの他、Microsoft Update Catalogや、Windows Server Update Services(WSUS)を利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク