Windows 10で勝手にLINEアプリがインストールされてしまう現象が発生

S 2018 11 13 19 31 57

現在日本国内のWindows 10 PCで、LINEアプリが勝手にインストールされてしまう現象が発生している事がわかりました(スラド)。

Windows 10には、Microsoft Storeから「おすすめ」のアプリを自動的にインストールする機能が搭載されており、この機能によってLINEアプリがインストールされている模様です。インストールされるアプリはLINEに限定されておらず、過去にはTwitterやCandy Crush Sagaといったアプリが自動的にインストールされたこともあったとのことです。

また今回の現象に関しては、LINEアプリの勝手なインストール自体は以前から行われていたものの、最近設定が自動的に起動するように変更されたせいで、Windows 10の起動時にLINEのログイン画面がされるようになったことから、多くのユーザーが不信に思うようになったのではないかとの推測も行われています。

おすすめアプリを自動的にインストールする機能は「Microsoftコンシューマーエクスペリエンス」を無効にすることでオフできるそうですが、この設定はEnterprise・Education版でしか適用されず、HomeやProエディションを使用している場合無効にする根本的な方法は存在しい模様。

S 2018 11 13 19 33 03

とりあえずの対策としては、右クリックなどから手動でLINEアプリをアンインストールするしかないようですが、手動でアンインストールしたアプリが何かのタイミングで再インストールされることがないのかなどの詳細は不明です。

スポンサーリンク