Windows 10 May 2019 Updateの最小ストレージ容量は32GBに

Pexels photo 117729

Microsoftが5月末に一般向けの配信を開始するWindows 10の大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update」では、最小ストレージ容量が32GBに増加したことがわかりました(Softpedia)。

Windows 10に必要な最小ハードウェア要件を掲載したページ「Minimum hardware requirements」に、以下のような情報が追加されています。

OS architecture OS version Storage capacity
Windows 10, version 1809 and prior 32-bit 16 GB or greater
64-bit 20 GB or greater
Windows 10, version 1903 32-bit and 64-bit 32 GB or greater
Windows 10 IoT Enterprise, version 1903 and prior 32-bit 16 GB or greater
64-bit 20 GB or greater

Windows 10 May 2019 Update(May 2019 Update)では32bit版、64bit版ともに必要なストレージ容量が32GB以上となっており、Windows 10 Version 1809以前のバージョンで必要だった32bit版の16GB以上、64bit版の20GB以上から増えていることがわかります。

なおメモリ容量に関しては32bit版が1GB以上、64bit版が2GB以上で特に変更はない模様。

タブレットやモバイルノートなどでシステムドライブに余裕のないデバイスを使用している方は、要注意の情報といえそうです。

スポンサーリンク