Windows 10の次期大型アップデートの名前は「Windows 10 May 2019 Update」に決定 - 更新のコントロールが可能に

Windows 10 logo

Microsoftは本日、コードネーム「Windows 10 19H1」として開発が進められてきたWindows 10の次期大型アップデートの名称が「Windows 10 May 2019 Update」となることを発表しました(Windows Blog)。一般ユーザー向けには5月の後半から、Windows Insider Programに参加しているRelease Preview Ringユーザーに対しては来週から公開される予定です。

加えて、Windows Updateの機能に一部変更が行われていることも案内されています。

Windows update

この情報によると、Windows Updateの画面に「ダウンロードとインストール」機能が追加され、大型アップデートを個別にインストールする事が可能になるとのこと。

この変更によって、手動で更新プログラムを確認しても、大型アップデートをインストールすることなく、現行バージョンのセキュリ更新をインストールすることが可能になります。ただし現行バージョンのサポート終了期限が近づいた場合は自動的に大型アップデートがインストールされる模様。

次期大型アップデートのWindows 10 May 2019 Updateだけではなく、Windows 10 Versions 1803や1809でも5月の末までに利用可能となる予定です。

その他Windows 10 May 2019 Updateでは、更新の一時停止機能や、アクティブ時間の利用方法の改良、Windows UpdateとMicrosoft Storeアップデートの調整など、Windows Updateの更新機能に関する改良が進められます。

スポンサーリンク