Microsoft、Windows 10 May 2019 Updateのもう一つのブラックスクリーンバグを認める

Windows 10 logo

Microsoftが公開中の最新のWindows 10バージョンである「Windows 10 May 2019 Update(Version 1903)」に、リモートデスクトップ接続時に、ブラックスクリーンが表示される既知の不具合が存在することが分かりました(MSPoweruser)。

不具合の具体例はMicrosoftのフォーラムに投稿されており、RDPを使用してWindows 10 Version 1903にアップデートしたPCに接続したところ、黒い画面が表示されたとのことです。接続方法をLANあるいはVPNに変更しても変化はなく、黒の画面が表示されている状態でもマウスとキーボードの反応はあると説明されています。

Microsoftは不具合の原因を調査中

この問題に対し、MicrosoftのエンジニアであるDenis Gundarev氏は、不具合の原因は一部の古いディスプレイドライバにあると説明しています。

Display drivers report some of their capabilities upon load. In previous Windows versions this reported data wasn’t used or verified. Because of that, some of the old versions of the legacy display driver may report invalid data and it would be ignored. Starting with Windows 10 1903 RDP uses this data to initialize the session

ディスプレイドライバはロード時に能力を報告する機能を持っていますが、従来はそのデータが使用されたり検証されることはなく、無効なデータを報告する古いディスプレイドライバが存在しても単に無視されるだけで済んでいたとのこと。Windows 10 Version 1903以降はRDPがこのデータを使用してセッションを初期化するため、問題が発生している模様です。

同氏はハードウェアの製造元から最新のディスプレイドライバーを入手してインストールしたり、デバイスマネージャーで問題のドライバーを無効化することで不具合を回避できると説明しています。

また不具合に対処するため、ディスプレイドライバに問題が検出された場合、動的にソフトウェアレンダラーに変更する修正を検討しているそうです。

スポンサーリンク