Windows 10 May 2019 UpdateにWi-Fi接続が失われる既知の不具合が存在

S 20190528 201151 2

Microsoftは先日、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update(Version 1903)」の一般提供を開始しました。

現在のところ同アップデートには多数の既知の不具合が存在しますが、その中にWi-Fi接続が失われネットワークに接続できなくなるという不具合が含まれているようです(Softpedia)。

Windows 10 May 2019 Updateの不具合情報をまとめたWindows 10 release informationページによると、この不具合は古いQualcommのドライバーが原因とされ、修正版のWi-Fiドライバを製造業者(OEM)から入手することで問題が解決するとのことです。

ドライバのバージョン番号などの詳細は掲載されていませんが、Windows 10 Version 1903のクライアント版にだけ影響し、Microsoftはユーザーを保護するため、古いQualcommドライバを使用しているデバイスに対し、アップデートの提供をブロックしています。また影響を受けるデバイスでは、更新アシスタントやメディア作成ツールによる手動アップグレードも推奨されていません。

スポンサーリンク