Windows 10 May 2020 UpdateでBSODが発生する既知の不具合はこちら

BSOD

Microsoftは5月27日(現地時間)に、Windows 10の新しい機能アップデート「Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)」の一般提供を開始しました。

Windows 10 May 2020 Updateには特定の環境で問題を引き起こす既知の不具合が多数存在することが知られていますが、なかにはブルースクリーン(BSOD)が発生するという深刻な不具合も含まれていて、特に注意が必要と考えられます(Softpedia)。

それらは以下のような内容です。

  • 特定のConexantオーディオドライバーで発生する、デバイスを更新中または更新後のエラー
  • Thunderboltドックを接続または取り外した時のStopエラー
  • Nvidiaディスプレイアダプター(GPU)の古いドライバーに関する問題

Microsoftはこれらの問題が発生する可能性がある環境に対しWindows 10 May 2020 Updateの提供をブロックしています。

BSODが発生する可能性がある不具合の詳細

MicrosoftはBSODが発生する可能性がある不具合の内容を以下のように説明しています。

まず、Nvidiaのドライバーの問題に関しては、Nvidiaのドライバーの特定のバージョンと、Windows 10 Version 2004(Windows 10 May 2020 Update)の間に存在する互換性の問題で、影響が受けるドライバーは358.00より前のバージョンだとのことです。

次にConexantオーディオドライバーのバグは、Version 2004へのアップデート後に発生し、ブルースクリーンが表示される可能性がある模様。影響を受けるドライバーは、デバイスマネージャーのサウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーでConexant HDAudio Driverという名前で表示され、chdrt64.sysまたはchdrt32.sysのversion 8.65.47.53、8.65.56.51、8.66.0.0〜8.66.89.00のようです。

最後にThunderboltの問題は、カーネルDMA保護が有効でWindowsハイパーバイザープラットフォームが無効になっているデバイスで、Thunderboltドックが使用されたときに発生する問題のようです。

より詳しい情報はWindows 10リリース情報ページで確認可能です。

スポンサーリンク