Windows 10 November 2019 UpdateがMSDNサブスクライバ向けに提供開始

Windows 10 logo

Windows 10の次期機能アップデートである「Windows 10 November 2019 Update(Version 1909)」が有料のMSDNサブスクリプション登録者に対して公開されたことがわかりました(MSPoweruser)。

MSDNサブスクライバーに対して公開されているWindows 10 Version 1909のISOファイルのビルド番号は18363.418となっているようです。

Microsoftは先日、次期機能アップデートの名称が「November 2019 Update」になったこと、および配信の準備を進めていることを発表しましたが、配信予定日は明らかにしませんでした。一般公開前に社員やMSDN会員向けの提供を行いフィードバックを検討したあと、次回の月例更新配信予定日である、11月12日にリリースされるのではないかと見込まれています。

なおVersion 1909は新機能はあまり追加されておらず、既存の機能の不具合の修正やパフォーマンスの改良などがメインの小さな機能アップデートとなっています。

スポンサーリンク