Windows 10 October 2018 UpdateにおけるWSLの改良点一覧

Wlinux

Windows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」ではさまざまな新機能が追加されていますが、Windows Subsystem for Linux (WSL)もその例外ではありません。

MicrosoftのTara Raj氏は5日、Microsoft Command Line Blogにて、Windows 10 October 2018 Updateで追加されたWSLの新機能の一覧をまとめています(Phoronix)。

この記事によると主な新機能は以下の通りです。

  • Microsoft StoreからダウンロードできるLinuxディストリビューションの追加: 新LTSのUbuntu 18.04、WSL専用ディストロのWLinux、OpenSUSE 15/SLES 15
  • ARMデバイスのWSLでUbuntu 18.04が動く
  • メモ帳のLinux改行サポート
  • ファイルエクスプローラーからLinux Shellが起動できる
    Linux Shell 600x507
  • WSLディストロをコマンドラインからインストール
  • ChocolateyとBoxstarterによる開発環境セットアップスクリプト
  • ディレクトリごとの大文字小文字区別の改良
  • Linux/WSLコンソールのコピーペースト
    Copy paste 536x600
  • Windowsコンソールの改良

WSLではファイルI/Oのパフォーマンスがボトルネックとなっていて、Microsoftは改良に取り組んでいると説明していました。残念ながらWindows 10 October 2018 Updateには間に合っていないようですが、さまざまな面でWLSの機能は着実に改良されていて、今後に期待が持てる内容となっています。

スポンサーリンク