Windows 10 October 2020 Updateの一般提供が開始

S 20201021 100442

Microsoftは10月20日(現地時間)、Windows 10の新しい機能アップデート「Windows 10 October 2020 Update(20H2)」の一般提供を開始したことを発表しました(Softpedia)。

Windows 10 Version 1903以降の環境ではWindows Updateを利用し、手動で更新をチェックする事でインストール可能です。「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」
で「更新プログラムのチェック」を選択し、更新プログラムが表示された場合は「ダウンロードしてインストール」を選択することでインストールすることができます。

だし機能アップデートは今後数週間にわたり段階的に公開範囲が拡大する予定で、互換性の問題が発生していなくてもWindows Updateで機能アップデートが表示されない場合もあります。その場合更新アシスタントやメディア作成ツールを利用してアップグレードする事もできます。

Windows 10 Version 20H2はVersion 2004のマイナーバージョンアップ版ですが、Chromiumベースの新しいEdgeの同梱や、スタートメニューのテーマを意識したライブタイルの導入などいくつかの注目すべき新機能が追加されています。これら新機能の詳細はこちらで確認可能です。

スポンサーリンク