Windows 10 on ARMがx64エミュレーションに対応へ - 11月からInsider向けに提供

Windows 10 logo

Microsoftは9月30日(現地時間)、ARM版のWindows 10で、x64アプリの実行をサポートする計画を発表しました(Windows Blog窓の杜)。

これまでWindows 10 on ARMでは、ARM64向けにコンパイルされたネイティブアプリや、ARM32アプリ、32bit版のWindows用アプリ(x86)が動作しましたが、64bit版のWindows用アプリ(x64)は動作しませんでした。

この問題に対応するためx64エミューレーション機能が提供され今年の11月からWindows Insider Program向けに先行して公開される予定です。

Microsoft EdgeやVisual Studio CodeといったMicrosoftの製品は、ARM64へのネイティブ対応が進められていますが、そのような対応が期待できない既存のx64アプリがWindows 10 on ARMで動作することが期待できます。

スポンサーリンク