Windows 10、P2P技術を導入し高速更新、ダウンロードが可能になる

NewImage

Windows 10ではP2P技術を使ったソフトウェアの更新やアプリのダウンロードが可能になるかもしれません。先日インターネットにリークした、Windows 10の最新ビルド「Windows 10 build 10036」に、アップデートやアプリを複数のダウンロード先から取得できる機能が追加され話題となっています(WinBetaNeowinArs Technica)。

上記画像をみると、設定画面で、アプリやOSのアップデートを複数のソースから取得するかどうかの機能をオン・オフできるようになっていることが分かります。この機能を使う場合、さらに、ローカルネットワーク上のPCから取得するか、それともインターネット上のPCからも取得するかを、ラジオボタンで切り替えることも可能な様子。

P2P技術により、常にMicrosoftの中央サーバーからファイルをダウンロードする必要がなくなれば、ファイルのダウンロード速度が現在より高速化される可能性があります。

スポンサーリンク