Microsoft、「Windows 10 Redstone 4」を2018年始めにリリースへ

Windows 10 0

Microsoftが「最後のWindows」として開発を継続しているWindows 10は、今後も着実にアップデートが提供されていくことになりそうです。

Windows Centralは確証は存在しないものの、Microsoftが「Windows 10 Redstone 4」を2018年の始めをめどにリリースする予定があると伝えています(Softpedia)。

現在Microsoftは来年の3月を目処に「Redstone 2」を、来年の秋頃に「Redstone 3」をリリースすると見られています。「Redstone 4」はこれに続く物で、半年に一回大型アップデートがリリースされるとするならば、スケジュール的には想定の範囲内のアップデートといえそうです。

Microsoftは来年3月公開予定の「Windows 10 Creators Update」(Redstone 2)では、3Dコンテンツにフォーカスを置き、例えば従来のペイントアプリに、3D機能を追加した「Paint 3D」が導入される計画となっています。Windows 10 Creators Updateは来年3月にリリースされるとすると、年の下2桁と月の番号を組み合わせて「version 1703」と呼ばれることになるかもしれません。

スポンサーリンク