Windows 10 Redstone 5に追加されるクラウドクリップボード

Clipboard rs5

クラウドを利用し、クリップボードの内容をWindowsデバイスの間で同期できる「クラウドクリップボード」の設定画面が、Windows 10 Redstone 5のプレビュー版に追加されていることがわかりました(MSPoweruser)。

クラウドクリップボード機能は当初、来月公開予定のRedstone 4で導入される予定でしたが、その後延期が決定していました。この機能の設定画面が、Windows Insider ProgramのSkip Aheadリングユーザー向けに公開されている最新のRedstone 5ビルドで、追加されていることが確認されています。

クリップボードの設定画面「設定 > システム」からアクセス可能で、クリップボードの内容を自動的に共有するか、Win+Vキーを押すことでクリップボードの履歴を手動で選択して共有するかの選択肢が存在するようです。

Windows 10 Redstone 5は9月に完成、10月に公開が予想されています。クラウドクリップボードのほかにもアプリケーションをまとめることができる"Sets"機能など、RS4ビルドで積み残された多数の新機能の導入が期待されています。

スポンサーリンク