Microsoft、Windows 10 Redstone 5の開発へ本腰

Windows 10 logo

Microsoftは先日、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 April 2018 Update」の一般公開を開始しました。これに伴い、現在Windows Insider Program参加者の中でSkip Aheadオプションを選択したユーザーだけに公開されている「Redstone 5」ビルドが、Fast/Slowリングユーザーに対してもまもなく公開される予定であることが判明しています(Softpedia)。

Windows Insider Programの責任者であるDona Sarkar氏は5月3日、ツイッターで「RS5ビルドを受け取りたくない場合、Release Previewに切り替えて下さい。Fast/Slowは間もなくRS5ビルドを受け取るようになるでしょう」と今後の公開計画をつぶやいています。

Microsoftのリリーススケジュールによると、
Windows 10の次期大型アップデート「Redstone 5(コードネーム)」は9月に完成し、10月に一般公開されることになります。

スポンサーリンク