Windows 10の令和対応更新プログラムでアプリのレイアウトが乱れる不具合が発生中か

Windows 10 logo

Microsoftは先日より、Windowsの各バージョンに対し、日本の新元号「令和」に対応するための更新プログラムの提供を始めています。

ところがこれらの更新プログラムを適用することで、一部のアプリでフォントの表示幅が変わり、横幅が広くなったり、文字が見切れたりする不具合が発生していることがわかりました(スラド)。

例えば艦隊これくしょんサポートツール「
KancolleSniffer」では、Windows 10用のKB4495667KB4493437KB4493440KB4493436KB4493473KB4498375、Windows 8.1用のKB4493443、Windows 7用のKB4493453などで問題が発生しているとされ、更新プログラムのアンインストールが推奨されています。

なおQiitaにまとめられた記事1記事2によると、Windows 10のWindows Formsアプリ、VB6アプリ、Excelなどでレイアウトの崩れが確認できた模様。

問題はMicrosoftに対して報告されたそうですが、各更新プログラムの既知の不具合にはまだ含まれておらず、修正時期は不明な状況です。5月14日(米国時間)の公開が予想される5月の月例更新で不具合が修正されるのか注目を集めそうです。

スポンサーリンク