Microsoft、Windows 10のサービススタック更新プログラムKB4521863を公開

S 20191011 103018

Microsoftは10月8日(米国時間)、月例更新の一貫としてWindows 10 Version 1903用のサービススタック更新プログラムKB4521863を更新しました。

サービススタック更新プログラムは、Windowsの更新プログラムをインストールするサービススタックコンポーネントの信頼性を向上するもので、以下の変更点が含まれています。

  • セキュアブート失効リスト(DBX)更新体験の改良。Credential Guardサービスが実行されていないデバイスにDBXの更新を展開する際、複数の再起動を避けるように
  • セキュアブート許可リスト(DB)が空の場合、セキュアブート失効リストが適用されない問題の修正

更新プログラムはWindows Update経由で自動的にインストールされますが、Microsoft Update Catalogや、Windows Server Update Services (WSUS)を利用してインストールすることも可能です。

スポンサーリンク