Windows 10の設定画面にバナーは必要か不要か

Settings

Widnows 10ではWindowsの各種機能を設定する新しい「設定」アプリが導入されました。

設定アプリは、従来から存在する「コントロールパネル」の完全な置き換えを目指して改良が進められていて、最新のバージョンでは設定画面の上部に、ユーザーアカウントの情報を始めとした各種情報を表示するバナーが追加されています。

Microsoftはバナーによって、Microsoftアカウントへのサインインや管理といった各種操作を素早く実行できるほか、更新プログラムが利用可能になったときなどに、システムの状態を簡単に確認できると利点を強調していますが、この機能がWindows 10の使いやすさを改善していないと考えているユーザーも存在するようです(Softpedia)。

Feedback Hubには、Microsoftが設定画面のヘッダーをさらに洗練させるだけではなく、ユーザーがヘッダーを無効にできるオプションを実行すべきだとの要求が書き込まれています。

I truly hope you allow us to shut off that Settings banner. It truly is a total waste of space, and honestly is only providing useless trivial information that can be easily found elsewhere. It needs to be scaled down, complete with options of what one would want in there, if desired at all. Look at hardware specs for example, cpu temp. fan speed, etc. If MS wants to put monitoring items in Settings, make it useful,

設定のバナーが貴重なスペースを無駄に使っていて、しかも表示されている情報は他の場所で簡単に見つけることができる無駄な情報だけだとの指摘です。

新しい設定画面のデザインは2018年12月に公開されたWindows 10 build 18305で導入され、Windows 10 Version 1903でロールアウトが始まりました。Windows 10 Version 2004で設定画面に関する変更は行われておらず、現行のデザインが維持されると思われますが、フィードバックの多さによっては、各種オプションの追加やデザインの変更が今後優先的に行われる可能性はありそうです。

スポンサーリンク