Microsoft、セットアップ中のWindows 10のローカルアカウントの作成を困難に

1582291697 ms kontozwang 01

Microsoftが、Windows 10のセットアップ中にローカルアカウント(オフラインアカウント)の作成を困難する変更を行っていることが昨年話題となりました。

この変更は米国およびカナダで実施され、実際はA/Bテストの一環として行われたものようですが、今回この範囲がより広がり、ドイツなどより広い地域を対象としたテストが始まっていることがわかりました(Neowin)。

今回も、通常の手段ではWindows 10のセットアップ中に、Microsoftアカウントを作成する以外にインストールを続行する手段はないようですが、インターネット接続を無効にすることで、ローカルアカウントを使用するオプションが表示されるとのことです。

またMicrosoftアカウントを作成してセットアップを完了した場合も、セットアップ後にMicrosoftアカウントを削除し、新しく作成したローカルアカウントに切り替えることは可能な模様。この情報は、セットアップ中に表示される「詳細情報」にも掲載されていて、Microsoftが意図した動作だと指摘されています。

Microsoftアカウントを使用することで、設定の同期などが簡単になるというメリットはありますが、ローカルアカウントをセットアップ中に作成できなくなるという決定はユーザーの選択肢を狭めるもので、批判を受ける可能性があります。今回の変更がドイツ以外のどの地域に影響しているのか詳細は不明です。

スポンサーリンク