Windows 10のSMBv3修正パッチKB4551762も不具合に悩まされる

S 20200315 193914

Microsoftは3月12日(現地時間)、Windows 10 Version 1903/1909用の更新プログラムKB4551762を公開しました。

更新プログラムはSMBv3プロトコルの脆弱性を修正するもので、Windows Update経由で自動でインストールされますが、この更新プログラムに関するさまざまな不具合が報告されている事が明らかとなっています(Windows Latest)。

まず、MicrosoftのFeedback Hubに報告された多数の投稿によると、KB4551762をダウンロードしてインストールできないという問題が発生している模様です。インストール後にエラーコード「0x800f0988」や「0x800f0900」が表示されてしまうという報告や、エラーコード「0x80073712」が表示され再ダウンロードが始まるとの報告が行われています。

2020-03 Cumulative Update for Windows 10 Version 1909 for x64-based Systems (KB4551762) – Error 0x80073712 Some update files are missing or have problems. We’ll try to download the update again later. Error code: (0x80073712).

またランダムリブートが発生するという問題(MicrosoftコミュニティフォーラムReddit1Reddit2Reddit3)や、CPUの使用率が増加してパフォーマンスが低下するという問題も報告されています。

This update causes Windows Security not to work and very much slows down PC accessing the web. Unable open Windows security

更新プログラム適用後に問題が発生した場合、更新プログラムを主導で削除したり、復元ポイントを利用して以前の状態に元に戻すことで、問題を回避できると見込まれています。

スポンサーリンク