正式公開直前のWindows 10 Spring Creators Updateを今すぐインストールする方法

Windows 10 logo

Microsoftは4月10日(現地時間)に、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Spring Creators Update(仮名: Version 1803)」を公開すると見込まれています。

記事執筆時まだ正式版は公開されていませんが、Windows Insider Program参加者向けに公開されているbuild 17133はすでにRTMに到達しているとされ、実際正式版に近いバージョンだけが公開される「リリースプレビューリング」参加者に対しても同ビルドが公開されています。

今回は、このリリースプレビューリングに参加し、Windows 10 Spring Creators Updateを一足先に利用する方法を説明します。

Windows 10 Spring Creators Updateのインストール方法

Windows Insider Programに参加するにはWidnwos 10の設定プログラムを利用します。「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Insider Program」を選択します。

S 20180409 102439

▲Insider Previewの受け取りで「開始する」ボタンをクリックします。

S 20180409 102455

▲アカウントを選んで開始で、自分のMicrosoftアカウントを追加します。

S 20180409 102548

▲「どのようなコンテンツの受け取りを希望されますか?」で「早期更新プログラムだけを送ってください」を選びます。新しいWindowsビルドを入手せず、すべての最新のアプリ、ドライバー、および修正プログラムを受け取ると説明があり、これを選択することで「リリースプレビューリング」を選択したことになります。

S 20180409 102757

▲指示に従って再起動すると「リリースプレビューリング」への参加が完了したことがわかります。

S 20180409 102833

▲「Windows Update」で更新プログラムを確認すると「Windows 10、バージョン1803の更新プログラム」が表示されました。このまま更新を進めると、「Windows 10 Spring Creators Update(仮名: Version 1803)」がインストールできます。

まとめ

リリースプレビューリングは通常状態(プロダクションリング)にかなり近いものですが、完全に同じではなく、追加の累積アップデートが提供されることもあります。

Insider Previewビルドはいつでも停止できますが、更新頻度をできるだけ押さえたいという方は、今回の方法を使わず正式公開まで待った方が良いかもしれません。

スポンサーリンク