Windows 10で設定を無効にしてもアクティビティ履歴が常に保存されているとの指摘

S 20181212 195236

Windows 10はリリース直後から、「診断データ」としてさまざまなユーザーデータを自動的に収集しているのではないかと批判を集めてきました。Microsoftはその後診断データの収集機能をオフにできる機能を追加したり、収集するデータの透明性を高めるなどの努力を行っていますが、まだ十分な改善が行われていない部分もあるようです。

今回RedditのとあるユーザーはMicrosoftが、Windows 10のアクティビティ履歴を設定がオフの状態でも自動的に保存し、さらにデータをクリアしようとしてもMicrosoftアカウント上のデータは残ってしまうことがあると指摘しています(MSPoweruser)。

実際に設定画面の「プライバシー > アクティビティの履歴」を確認すると、以下のような設定項目が存在することがわかります。

  • このデバイスでのアクティビティの履歴を保存する
  • アクティビティの履歴をMicrosoftに送信する
  • これらのアカウントのアクティビティを表示する

これらの全ての設定をオフにし、さらにアクティビティの履歴を消去するために存在する「クリア」ボタンをクリックしても、Microsoftのライバシーダッシュボードのアクティビティ履歴情報は残ったままになるとの情報です。

S 20181212 195430

ただし、How-To-Geekはこの問題に対し、プライバシーダッシュボードに存在する「アクティビティ履歴」に表示されているのは実際は診断データで、Microsoftのダッシュボード上の表記が混乱を招いているだけだと指摘しています。

S 20181212 202427

「プライバシー > 診断 & フィードバック」で「完全」を選んだ場合「すべての基本的な診断データと共に、参照するWebサイトおよびアプリと機能の使用方法に関する情報」が送信されると記載されていることがわかります。

プライバシーダッシュボードに表示されている情報が、アクティビティ履歴ではなく診断データだったとしても、ユーザーに誤解を与えないよう改善が求められる部分かもしれません。

スポンサーリンク